2016/09/14

前職でよく注意されたのが伝え方が下手くそだということ。俺は普通の人より頭の回転が結構良いっぽくて何となく理解できることがよくある。その感覚で相手に物事を伝えるため人にうまく伝わらなかったり間違って捉えられたりする。文脈読めよと思うけど冷静に文脈読み直すと間違えられてもしょうがないなと思うことは確かにある。最近は伝え方注意してるけどやはり癖はなかなか抜けないもの。頭の回転が早い俺のバカバカ〜。

 

人に話をする機会が小中高と恐ろしくなかった気がする。昨日セトウツミを観て彼らのように「俺この前さ〜」とかいう話をした記憶が全くない。大学に入ってからそういう話が急にできるわけもなく、必要最低限の話しか割としてない。人に伝える力がそもそも無いというのも正直ある。自分は聞き上手だと自分に言い聞かせ、人の話を(半分聞き流すかバカにしながら)うんうんと小学校から大学までの間ただただ聞いていた。全てのツケがまさかここで廻ってくるとは思わなかった。

 

猫と同じ収入、というのは改めて考えると末恐ろしいものがある。しかも俺にない「可愛くて癒される」という武器がある。俺には顔の面積と食欲しかない。

 

今日は家から出ていない。写真は我が家の癒し頭が我が家の稼ぎ頭を待っている姿。最近は俺のところには腹減った時くらいしかこない。

 

f:id:ohanamisan:20160914175953j:image